スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山歩き(袴腰山 526m)
                                    2014.05.26(月曜日)曇り
                                     メンバー 二人
何日か前に、新聞を読んでいると写真入りヒメサユリの記事が目に入る、ふっと  
三条市高城のヒメサユリは開花しているだろうか? ちょうど、カアちゃんも都合が良いので
二人で行くことにしました。
長禅寺隣に大駐車場に到着し、駐車場内の直売場からヒメサユリの苗を二株買い、
ヒメサユリ保護協力金一人200円を納め長禅寺境内を通り、杉林抜けると舗装された道に
で、少し歩くと登山道となる。

                         大駐車場                           
大駐車場

この日もヒメサユリ祭り期間中でした。たくさんの人がヒメサユリを見に来ていました。
花も見ごろで良い状態でたくさん咲いていました。
                           登山道
登山道
                          
2登山道

ヒメサユリ

ヒメサユリ1

ひめさゆり3

ひめさゆり4

途中で車のキーを渡し一人で袴腰山に登ることにした。
高城山頂は、避難小屋やトイレもあり、広々としていてゆっくり休める所。
高城過ぎ、しばらく行くと「心臓やぶりの坂」最後に「とどめの坂」を登って
袴腰山頂到着です。
高城
                         心臓やぶりの坂
心臓やぶりの坂
                           山頂
山頂
今日は、雨の降りそうな曇り空で山頂からの展望は霞んで良くみえませんでした。

















                          










        
               
                                             

                                                     
スポンサーサイト
山歩き(越後白山1012m)
                                2014.05.11(日曜日)晴れ
                                メンバー 一人
朝、目覚めると風も無く穏やかな天候で気持ちの良い朝です。
我が家から見える山々もスッキリと見えます。
南西方向に越後白山がみえます、頂上付近はまだわずかながら残雪が残っている
雪原の上でオニギリを食べながら360度眺望を楽しんだら最高!!
そこで越後白山に行くことにする。

黄金の里会館駐車場8時15分到着、すでに4~5人身支度を終え歩き出す人。
また輪になってストレッチ体操している観光バスでの団体さん登山者。
今日は、賑やかにな山頂になりそうです。
沢沿いに慈光寺に行く杉並木の参道を歩くちょうど良いウオーミグアップ。
慈光寺の山門前を過ぎ、左側に登山届ポストがあり登山届を書きポストに入れ、杉
並木を抜けて林道を歩く、一合目の登山口からいきなり急登が始まる。
張り出した木の根をつかみ登たりでヘロヘロになりながら三合目に到着。

参道
参道

                    慈光寺山門
山門

広場になっている三合目の奥に小さな祠がある、さい銭をあげ登山の無事をお願いする。
祠

三合目からは、緩やかな登りがしばらく続く周りの景色も見る余裕も出てきた。
新緑ブナ林などの中を歩く木漏れ日も差し込み、新緑の葉っぱも綺麗だ。
ブナりん

6合目あたりから傾斜が強くなる、見晴らの良い場所で一息つき呼吸を整え
高度を上げていく。雪原の山頂は風も無く穏やかな日差し、360度の眺望を
楽しむ。
                     山頂                   
山頂
                     粟ヶ岳                      
粟ヶ岳

                     飯豊連峰 
飯豊連峰

帰りは、田村線で下山することにする急坂を慎重に下りながら進んでゆく。
7合目、ブナの大木にプレートが掛けてあり、「天狗ノ腰掛け」
                      天狗ノ腰掛け
天狗ノ腰掛

5合目から急坂の下り、粘土質ような土滑らないようにブレーキを掛けながら下る。
天狗堂裏へ出て、参道を歩き黄金の里会館駐車場へ戻る。
                      天狗堂
天狗堂

                      蛭野から見る越後白山
越後白山






                    













                                 
Copyright © 第二の青春を謳歌。     山、海、孫。. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。