スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瓢湖の白鳥  (阿賀野市)
瓢湖は、農業用水池として人工的に造成されたものです。大小2つの四角い
池がちょうど瓢箪(ひょうたん)の形をしていたので、瓢湖といわれるようになった。
白鳥が瓢湖に初飛来したのは昭和25年、その後毎年最盛期には5千余羽がここで
冬を越すそうです。
瓢湖
瓢湖1

早朝8時頃、餌を求めて近くの田んぼへ出かける。グループごとに連れだって飛んでいく。
白鳥が湖面を蹴り飛び立つまでの様子は、迫力がある。
瓢湖2
瓢湖3
瓢湖5

日中は近くの田んぼへ餌を食べに出かけているので、白鳥を見に行くなら
早朝か夕方、賑やかな瓢湖の白鳥を見ることができる。

水鳥
ラムサール















スポンサーサイト
山歩き(高立山276m)
12月10日(月曜日)今日は 雲の隙間から青空が見える。8日夜から雪が降り始め
9日には、私の町でも25センチ以上の今冬初の積雪。

冬山を歩きたくなり、護摩堂山、高立山、菩提寺山、これらの山を西山三山と
よんでいます。三山のなかで一番高い高立山(276m)、低山でも高立山は、
他の二山と比較しても一番山歩きの雰囲気が味わえる山です。
高立山
雪景色高立山
ラッセル1

ラッセル2
振り返る、誰も踏んでいない雪面に自分の足跡を残しながら歩く、とても
気持ちがいいです。


 
高立山登山口1
高立山登山口

登り 
杉林、竹林を通り過ぎると、ちょっとした登りになる。雪も深くなりトラロープの
助けをかりながら登る。

山々
五頭連邦、菅名岳、白山、山々は雲で霞んで見えません。
山頂 
山小屋には誰もいません人の気配もない静かな山頂、誰にも会うこともなく
下山する。


     
                            
                                               
                                               
                                                
初冬の山歩き
12月3日(月曜日)寒い朝ですが、ひさしぶりによくは晴れて気持ちの良い
天気になりそうです!!

冬樹
枯れ木枯れ木1
落ち葉
山々の木々も冬枯れて登山道は落ち葉を敷き詰めた道となり、カサカサと落ち葉の上を歩く音、
心の中もポッカポッカに暖まる。

あちこちで雪囲いも終わり、天気予報も雪だるまいよいよ寒い冬が来る。




Copyright © 第二の青春を謳歌。     山、海、孫。. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。