スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山歩き(大蔵山864m 菅名岳909m)
2012.5.7(月曜日)
晴れ
メンバー3人


AM7時家を出て、S氏、W氏二人を車で向かいに行く。

今日は三人で、豊富なブナ、ナラ、カツラ等、見ることが出来る菅名岳~大蔵山

縦走を目指します。

五泉市の「いずみの里」脇の駐車場へ車をコロガしました。

ここから鎖が張られ通行止めになっています。登山届けポストもあります。

杉林の林道を暫く歩くと、分岐から右に沢へ降りていきます。

木の橋を渡って登って行くと間もなく、三五郎山支線に出る。

沢コースは昨年の豪雨災害でまだ、入山禁止になっているようだ。

階段コースから登ることにしました。
駐車場


階段コース
階段コース



私たちを、単独登山者が追い越して行く、薄暗い杉林をゆっくり登って行きます。

だんだんと、前方が明るくなってきます新緑の素晴らしいブナ林の道に変わりました。

S氏、W氏大木に圧倒され素晴らしいの連発!!
ブナ林



新緑を楽しみながら、登っているうちに左上方に大蔵山山頂が見えてきました。

最後の登りで大蔵山山頂です、私たちを追い越した登山者が休んでいました。

休憩して、稜線を歩き菅名岳を目指します。
大蔵山山頂


稜線に残雪、久しぶりに雪の上を歩く感触を確かめる。
残雪


少々のアップダウンを繰り返し、菅名岳に着く。

山頂には、食事をしている4人のグループと単独登山者。
菅名岳山頂


みんな腹がペコペコ食事タイム、ゆっくり休み山並みを堪能する。
飯豊連峰かな?



下山する、急な下りの坂の連続、慎重に下る再び新緑のブナ林。
ブナ林



「椿平」を超え、杉林の道を下って行きます。菅名岳登山口と「いずみの里」への分岐に出る。

左の方に「いずみの里」に向かう沢沿いの道に下って行きます。

木の橋を渡り、林道終点に出て林道を歩き駐車場に着く。
沢



後日S氏に会ったら 「先日の山登りでヒルに足首を噛み付かれたよ」

ズボンを脱いだら足首に血が付いていたので、不思議に思い?

ズボンを見たら、一匹くっついていたそうです。

どうやってズボン中のにはいったのか?

コワイ~です。

スポンサーサイト
Copyright © 第二の青春を謳歌。     山、海、孫。. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。