スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山歩き(新保岳825.2)
国道7号線で村上市を通り抜けて北上して行くと歩道橋の先に「新保岳登山口」看板があり、左折 してゆく
舗装された林道を登ってゆくと結構上まで行くので高度を稼いでいる。
登山口は、カーブした先に通行止のゲート手前から登って行く。
新保岳
「新保岳登山口」

イワウチワ  イワウチワ2
歩きはじめから急登な登りが続く、おまけに木の根が絡みあっているので足元に注意をしながら登る、下山時は、
十分注意が必要。
イワウチワが咲いていました、雪解けがおそかったからでしようか?。
ブナ林1


ブナ林3


ぶなりん2


ブナ林4

ブナの木々が見えてくる道の両側は、背の高い木々の若葉におおわれて陽があたらなく快適に登り高度を、
あげて行く新潟県の「ブナ林 100選」にも選ばれているそうです、素晴らしいブナ林でした。

山頂 

最後の急登をひと登りすると頂上に到着、約1時間ぐらいかかりました。
頂上からの大展望に期待していましたが、残念・・・まわりは木々におおわれ、わずかな隙間からの日本海や
山々も霞んで見えませんでした。

温泉
 
道の駅「朝日」と隣接している、まほろば温泉に入浴して岐路に着く。
スポンサーサイト
Copyright © 第二の青春を謳歌。     山、海、孫。. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。