スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜  1  
桜1


桜2 


桜3

          ついこのあいだ咲き始めたばかりと思っていたのに。
         
          今年は、雨や曇りの日が多く寒い花見だった、ここの桜も
          チラチラ散り始めてきた。
          ヒラヒラと風に乗りながら散る桜、満開の桜だけをみるのが花見
          ではないと思う・・・
          
          
          
         
          
          



スポンサーサイト
山歩き(大蔵山864.3m~菅名岳909.2m縦走)
桜

         天候不順が続き、桜もやっと七分咲き?、田んぼもやわらかく
         田打ちも出来ない。
         私の散歩コースから見る菅名岳、大蔵山に行くことにした。
駐車場案内板

「いずみの里」脇、駐車場                  案内板
          駐車場着7:20分~身支度を整え7:30分出発、杉林の林道を
          進んでゆくと右側に「案内図」の看板がある、沢の丸木橋を渡り山道登る。
          登りきると、もういちど林道にでる。
          「階段コース」に行く。

ブナブナ1

           三合目付近からブナ林が現れる。
ブナ2

           四合目付近からは、りっぱなブナ林が続く、雪も所々に見えるようになる。
ブナ林3

            まっ白な雪のなか、なにかが出てきそうなブナ林。
ブナ林4大蔵山

     もうすぐ山頂だ~~                    大蔵山9:30分到着山頂の鐘   
縦走路縦走路1

      大蔵山山頂は風も殆ど無く、菅名岳への稜線は素晴らしい景色だ。
      縦走ときめ細尾根を慎重に歩く。
山頂

菅名岳

        菅名岳山頂10:30分到着
        山頂から見る五頭連峰、飯豊連峰今回は霞んで見えた。
        丸山尾根を下り無事に駐車場に着く。 
                           
          
山歩き(五頭山912.5m)
こんな天気の良い日には、家にはじっとしていられない、まだ農作業もないし、山歩きに行きたくなり
何処へと迷わず五頭山三叉路へ 前回は,一の峰で折りかいした。

五頭山

 


        大駐車場に8:30分に到着し8:45分出発 三の峰コース登山口へ。
        スーキ場跡の駐車場も雪が解け7~8台の車が駐車していた。

山


        三の峰に10:30分到着、週末で天気も良く多数の登山着で賑わって
        いた五頭山。
山12

山3山4 
   菱ヶ岳へ                       松平山へ
前一ノ峰を進んで行くと三叉路、標識が見たらない雪の下なのか。踏み跡が左右に分かれている。
左は、松平山への縦走路、右は、中ノ岳を経て菱ヶ岳への縦走路!!
菱へ縦走して見たいが一度も登ったことが無いので一人ではムリは禁物である。

菱


                         菱ヶ岳
          雄大な姿を見せている菱ヶ岳に圧倒される、この次は菱へ!!。
          11時30分下山。

          
ブナブナ1
ブナ林

花花2 





















山歩き(角田山481.7m)

                                   2010年3月31日(水曜日)
                                        晴れ
昨日数センチ積もった雪も解け今日は、穏やかな天気となる。用事もないので久しぶりにゆっくり山歩をしたく
なり、角田山に行くことにした。
家を7:35分出発、五泉市から金津峠を越え白根~460号線を走って「じょんのび館」を通り過ぎ五福トンネル
を越えると目の前に広がる青く澄んだ穏やかな日本海、対岸に見える佐渡島の山。

日本海



駐車場


        角田浜海水浴場駐車場に9:25分到着し今回は「桜尾根」コースから登る予定だったが。
        登り口がわからず灯台コースから登ることにした。

浜茶屋


登山口


        浜茶屋前を通り過ぎ海抜0メートルからの灯台コース急階段を登っていく、ヘイ
        ヘイ~ヒイ~ヒイ~あ~年には、かてませんワ・・・。
        灯台岬を越えチョット一休み振り返れば広大な日本海の大展望!!
        急階段を登りピークを越えるとパット目の前が開けて、ゴツゴツした岩場の
        稜線が現れる。

尾根


稜線


        残雪の影響でしょうか登山道は、ゴチャゴチャグニャグニャ状態です。
        長靴なので助かりました、登山靴の人はズボンの裾まで汚れ大変・・・・。

角田山


                     角田山山頂標識

山小屋


                     山小屋
          角田山山頂11:35分到着、もうすでに山頂広場には、大勢の登山者
          思い思いの場所で昼食する人や談笑している人、賑やかな山頂。

分岐


          昼食のオニギリ食べながら休憩を取り終え下山、灯台コース分岐まで
          同じ道を戻り桜尾根コースを下ることにした。

写真3写真4

写真5写真>

写真6写真8>

写真9写真10
七コースの登山道が紹介されているが、「桜尾根コース」は、非公開・・・わかりますね。
波うちぎわで泥だらけの長靴を洗い時計を見ると13時15分、今日は天気も良く満足した山歩き。














        


        
        
        




        
        
        
           












Copyright © 第二の青春を謳歌。     山、海、孫。. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。