スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慈光寺、白山(1012.4m)
                                4/20晴れ慈光寺
                                4/19晴れ白山 同行者S氏
杉
杉並
県天然記念物に指定されている参道の杉並、樹齢300年~500年を越すといわれています。足元には石仏、石碑、心が洗われる気持ちです。

大蛇
慈光寺付近に伝わる、天狗伝説や白山大蛇伝説
昔、村松の白山に大蛇が住んでいて人々に害を加えるので、慈光寺を開いた高僧が祈祷したところ
大蛇が山を下り曲がりくねながら通った跡は能代川となり最後は新潟市まで辿り着き息絶えて白山神社に祀られたと言われています。


慈光寺
霊峰白山の麓に座する曹洞宗の古刹慈光寺、境内は静かな雰囲気に包まれています、長い歴史を
感じさせます。


登山口
身支度を整えて出発、一合目付近で先行者(S氏)に追い着き「お先にどうぞ」S氏は道を譲るチヨット立ち止まって白山の話をする、S氏は会社の同僚と登る予定が都合が悪くなり単独登山!
「二人で登りますか」「いいですね」S氏先頭で登る私はS氏の背中を見ながら後に続く、急登が続く。

急登
鼻で呼吸しながら登ると体力を消耗しないと聞いた事があるので、試して見るがウソ?
三合目に着く一休み、視界はガスに覆われている山頂に着くまでに「晴れてくれ」と祈る。
ブナ林の中を登って行く。

雪道
八合目
七合目付近から残雪が現れ雪の尾根道となる、ズボズボと足を取られる、S氏スパッツを着用する。
樹林帯の中を登り九号目を過ぎると山頂の避難小屋が見える、もう一息だS氏は山頂近く。

山
山頂
山頂に到着 風も無く視界も開け眺望もよく眼下に越後平野、右に大蔵山、菅名岳、遠くには雲の上に浮かぶ飯豊連峰背後に手の届きそうな粟ヶ岳、なだらかな稜線が見える守門岳など見渡す事が出来たS氏から山名を聞きながら360度の景色を堪能する。
S氏から「ラーメンをよけいに持ってきたので食べないですか器もありますから」恐縮しながらいただく
登山歴、山登り始めたエピーソドなど話ながら、ラーメン、オニギリを食べながら会話が続く、年齢は私よりも一回り若いらしい、45分位休憩し下山。
げざん
下山1
花
花2
花3
花4
白山尾根に咲く美しい花


















スポンサーサイト
山歩き (大蔵山864.3m~菅名岳909.2m)
2009/4/11  単独行   
晴れ
いずみの里駐車場7:30 4合目8:30大蔵山山頂9:30 菅名岳山頂10:35椿平11:35いずみの里駐車場12:30
登山届け
「いずみの里」駐車場到着、 身支度を整え 登山届けを書き込み出発。

案内
林道を進んで行くと分岐、右に折れ木橋を渡り急登な杉林を登ってゆくと一旦林道に出る。
ここから沢コースは林道終点に向かう、今回は、階段コースを行く、林道を横切って急な木階段を登る。

林層
4合目付近から林層もブナ林となる。7合目、この辺から残雪が現れる。

大蔵山
大蔵山山頂到着今日は、天気もよく風も無く、白山、粟ヶ岳、越後平野、360度の大パノラマ。

縦走
三川方面の山々を見ながらアップダウンを繰り返し、雪道の稜線を歩き菅名岳へ向かう。

菅名岳
広場
菅名岳山頂到着大蔵山から景色を眺めながら菅名岳へ縦走は、時間を忘れさせる稜線歩きでした。
おにぎりを食べなが山頂からの 景色を堪能する。

急斜面
急な下り坂の連続、木の根が張って歩きにくい、コケないように慎重に下る。

急階段
急な木階段を下り椿平の道標から左に折れ、丸山尾根から離れ沢沿いに出る。

沢
急な木階段慎重に下って行くと沢からの水音、水量豊かな沢、沢沿いには色々な花が咲いていました。

花
花2
花3
花4
目を楽のしませてくれた花です。(大蔵山登山道、沢沿いで見た花)
沢を下り林道終点ここから駐車場まで30分、車中から大蔵山、菅名岳を眺め今日の山歩きに満足する。

散策  福島潟
                          2009/4/7
                          晴れ

水

みずの駅

ビュー
地下1階、地上7階、高さ29M、水の駅「ビュー福島潟」

野焼き

野火

空

黒
福島潟に散策に行きました、偶然ヨシ焼きが行われていました例年3月末に行われるそうですが。
今年は、天候不順で4月7日に行うことになったそうです。

花

菜の花

魚
「ヨウモツ小屋」魚を獲るための小屋。

カモ
「カモウチ小屋」昔、小窓からカモを鉄砲で撃って猟をしていた。

トモエカモ

鳥

一羽

2羽
急ぎ足の散策でした。






















海釣り 沖メバル
2009/4/4
曇り~雨
釣り友から釣りの誘いを受け佐渡沖に沖メバル釣行。
出航
寺泊港午前4:45出航佐渡沖に向かう船から見る弥彦山朝焼け雲。

朝日
船は快調にエンジン音を響かせ釣り場に向かう。

到着
釣り場に到着(小木沖、沖の瀬)釣り準備、メバル針14号オモリ200号仕掛を作り終え。

投入
針に餌のホタルイカを付け、船長さんの合図で仕掛けを投入して釣り開始。
船長さん「魚の反応が出ていますよ~」。
お~私にアタリ!電動リールのスイッチを入れ巻き上げる、良型のメバル。

釣り座
今日は潮が無いベタ凪状態、、魚くん食い渋り餌に振り向かない、アタリが無い釣り座をはなれ他の釣り人と釣り談義。
船長さん釣り場を移動しても釣れない。

小木
小木港
遠くに見える小木。
船長さん魚探を見て「魚が上にいますよ水深80mで」棚設定を指示、棚を合わせるが食わない。
午後14:15終了16:10寺泊港帰港。

帰港
船長さんから全員にハタハタのお土産優しい船長。
から揚げで食べても美味しい。

成果
今日の釣果メバル2尾貧果。
楽しませてくれた2尾のメバルくん。


Copyright © 第二の青春を謳歌。     山、海、孫。. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。